夜尿症のタイプ

夜尿症といっても実はタイプがあり、タイプごとに治療方法も異なります。

治療だけでなく原因も異なりますから、自分のタイプを見極め、原因に応じて適切な治療をしていくことが大切です。

夜尿症のタイプは、多尿型、膀胱型、混合型の3つに分けられます。

多尿型と混合型は、全体的に尿のる様が多いため、夜間に膀胱が耐え切れなくなり漏らしてしまいます。

膀胱型は膀胱が小さい傾向があり、尿の量は少ないのに我慢できなくなる状態です。

個人差もありますが、小学校低学年で200cc以下、小学校高学年以降は250cc以下であれば、普通と判断できますが、これよりも多い場合は多尿症と診断されます。

ただし寝る前にたくさん水を飲むという場合は、例外です。

量は少ないのに夜尿症が見られる場合は、膀胱が小さい膀胱型の可能性が高くなります。

膀胱型の場合は膀胱自体がちいさいため、人によっては日中も漏らしてしまうことがあります。

これは膀胱が十分に発達していないなど原因もある程度特定できますが、成長とともに膀胱も発達していくため、特に治療をしなくても自然に治ることがあります。

正す個人差は大きくなるため、治療が必要な子供もいます。

治療には漢方薬を利用する方法もあるようで、こちら(http://www.wakando.net/yanyousho/)にとても詳しく書かれています。

ここは個人差もありますし、生活環境も関係してくるため、状況を見ながら治療方針を決めて行きます。

一般的には年々夜尿症も減って行きますから、焦らずじっくり治療をしていきましょう。

ほとんどは成人までに解消できますが、ストレスが多いと再発することもあります。